歴史を、イロドル。

今年創業80周年のイクナガ写場。
戦前の写真はほとんど原爆で焼失してしまいました。
その後の歩みを残す写真を一部ご紹介します。

 

沿革

1941(昭和16)年4月 生長良三によって「イクナガ写真場」創業
広島県婦人会館などの写真室を担当し、記念撮影や学校アルバム作成に携わる
1945(昭和20)年8月 原子爆弾投下により店舗が全損
復興に向けて新社屋を設置
1963(昭和38)年5月 株式会社イクナガ写場を設立
1965(昭和40)年 広島ステーションホテル写真室担当(現在は廃業につき撤退)
1969(昭和44)年 イクナガ写場ビル建設(現在のイクナガ写場本店)
1971(昭和46)年 鶴羽根神社写真室担当
1983(昭和58)年 ビデオ撮影開始
1992(平成4)年 デジタル写真処理開始
1994(平成6)年 リーガロイヤルホテル広島写真室担当
1996(平成8)年 デジタルプリンター導入
1999(平成11)年 生長俊幸 代表取締役就任
2009(平成21)年 『ありがとう旧広島市民球場』イベントの記念写真撮影に参加
2011(平成23)年 カープ赤ちゃん写真展参加
2012(平成24)年 廣島護国神社写真室担当(昭和の一時期も担当しており、再度の担当となる)
2020(令和2)年 杉本豊 代表取締役就任